こころの病名と症状を知る
D i s e a s e    n a m e    a n d    s y m p t o m s
こころの病名と症状を知る
こころの"病名"を知る
M e t a l    D i s e a s e    N a m e
情緒不安定性パーソナリティ障害

DSM-Ⅳ(米国精神医学会診断基準)では「境界性パーソナリティ障害(BPD、ボーダーライン パーソナリティ ディスオーダー)と名付けられています。


症状
  1) 見捨てられることへの不安
「見捨てられ不安」を種として激しい感情が出現する
  ①やけくそ、自暴自棄(リストカット、薬物大量服用など)
  ②激しい怒り
  ③抑うつ、空虚感
  ④不安
  2) 自分の中に「いろいろな自分」がいる
スプリット(分裂)という 自分の中に両極端の自分がいる。人との関係もある時は親密にある時は嫌悪にと極端に変わる
  3) 問題行動が多出する
リストカット、繰り返される自殺企図、過食・嘔吐、大量服薬、暴力、喧嘩、薬物やアルコール依存、性的逸脱
  4) 対人操作
自分に同情的な人をそばに引きつけておくため、周囲の人間関係をこじらせる様な話や態度をする
  5) 一時的な妄想、幻覚と解離性症状の出現

治療
  1) BPD治療に精通した精神科による適切な薬物療法
  2) BPDに精通した臨床心理士などによるカウンセリング
  3) 危機介入病棟を持つ精神科医療施設への短期的入院

(志津クリニック 志津 雄一郎)